阿蘇薬草園ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Check

ページトップ

私の不吉な予感的中 パート2
今、私たちに必要なのは嘆いてばかりいるのではなく

「即行動」を起こし、被災地の復興と支援活動を早急に大々的に行い、

不幸な福島原発事故の大量の放射能汚染を食い止めることにあるのではないでしょうか?

このマグネチュ―ド9地震と津波による被害の大きさを認識し、

この教訓から学び、二次災害の防止と原子力発電についての

見直しをして自然を利用した電力エネルギーの開発が急務と思われます。

この地震と津波によって言えることは、「鉄筋コンクリートの建築物は残った」

「原発の安全性に不安、と恐怖、混乱、費用の膨大さ、」を見れば、

日本は島国であり周囲は海、今回のような地震と津波はこれからも十分予測されます。

「原発への安全性」に疑問符が付いた以上、鉄筋コンクリート建築物の

屋上に太陽光発電とか、丘や山が多い日本には風力発電とか、

沖縄などではサトウキビなど、自然原料を利用した開発により、

島国らしい安心安全な電力発電エネルギー国として

自然界の保全保護に努めるべきである。と政府に進言したい思いである。

しかも日本は最初の被爆国である。

日本国こそ、アメリカの核の傘に保護され行動するのではなく、

核開発から卒業して自然界の保全保護による総合電力エネルギーの開発により、

「頭脳国日本」として世界平和に寄与し、

「世界各国の模範」ともなるべき国を目指すべきであると思う。

Check

ページトップ

ブログタイトル

お問い合わせ

営業時間
<売店>
  9:00~17:00
<食処>
  11:00~17:00
   (OS 16:45)

マイページ 特定商取引法に基づく表記 プライバシーポリシー サイトマップ お問い合わせ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。